一日14時間労働とはなんぞや


いやー、忙しい。仕事が。ちくしょうだ。

考えてみたら、一番嫌な働き方をしていることに気がついた。ひたすら忙しさに立ち向かう日々だ。

なんのユーモアもない。ただ目の前の忙しさに溺れる状態。クリエイティブのカケラもないような、ただの奴隷状態。

こんなんじゃいかん。いかんいかんいかん。

もっと笑いがないとダメだ。つまらない。

仕事とはユーモアとセンスだ。

あれだ。気がついた。

あんまり忙しいと、物をよくなくす。そして思考力が低下して、普段しないようなミスを連発する。

そして、過労死してしまう人の気持ち少しわかる。逃げ出すことを考えことすら出来なくなる。だから極論に走る。

いかん。いかん。

忙しく働くことは目的ではない。楽しい人生を歩むことが目的で、仕事をすることはそのための手段だ。

こう考えると、楽しくない仕事をすることは、目的に対して何にも良いことがない。

仕事とは我慢することではないと信じている。今も昔も。

あわせて読みたい