これって本当に糖質オフなの? SUNAOのバニラソフト編


糖質制限なんてやってると、こんなに美味いのに本当に糖質オフなのかなって思うことが多々ある。最近はコンビニでも気軽に低糖食品を購入することが出来るが、特にこのアイスとか、本当に美味すぎる。

美味しすぎるが故に本当に低糖なのか気になるところだ。

 

結構有名なので、知っている人も多いと思うが、このメーカーのアイスは本当においしい。
これはコンビニよりは大きいスーパーとかによく売っている。近所のOKストアでは品切れすることなくどの季節も置いてくれている。

SUNAOの低糖アイスは、普通のアイスとしてもうまい。

低血糖の時はもちろん、血糖が上がりすぎないように管理しながら、小腹がすいたときにたまに食べている。

 

ちなみにコーラゼロを試したときの記事はこちら↓


 


今回試したみたのは、SUNAOのシリーズの中でも一番好きなバニラソフト。

上の画像でいう、一番右のやつ。

まず血糖上昇の目安として、食べる前の血糖値を測定


血糖値58。

おっとやばい、、普通に低血糖だった。どうりで舌がしびれてたわけだ。最近低血糖の時は舌が痺れる感じになることが多い。これはみんな同じなんだろうか。

そして、実食


相変わらず、めっちゃくちゃうまい。

計算上糖質が8.8とのことなので、恐らく1時間後は100〜110くらいかと予想。

そして、1時間経過、、、、計ってみた。

 

血糖値112

おぉ。これはまぁまぁ正確な数字でた。一型糖尿病の場合、糖質1摂取することで、血糖値が5上がると言われていて、今回は糖質8.8だったので、計算上では44の上昇予定でした。元の血糖値が58だったので58+44で102が理想の値でしたが、誤差10の範囲は許容範囲。ちゃんとコーンの部分まで食べてこの血糖値だった。

ということで、SUNAOのバニラソフトの糖質量は正しい表記で間違いなかった。

 

 

このシリーズのアイスはとにかく美味い。全然普通のアイスと変わらん。これからもお世話になると思う。しかし、糖質を抑えることで1番やっちゃいけないことは、食事を楽しめなくなることだなーと思う。動物の餌じゃないんだから。

このアイスを作っているは老舗グリコグループだ。
グリコの歴史は古く、創業開始は1922年だ。なんと戦前。一度は全て焼けたが、すぐに復活。

ビスコやポッキー等のロングセラー商品を生み出してきたグリコだが、1996年頃から健康志向に目覚め、砂糖不必要の商品もバンバン作りはじめた。

それがSUNAOシリーズの始まりだ。
現在までに、アイス6種類、クッキー3種類を販売している。主にバニラとチョコと抹茶味だが、今のところ全部美味しい。

こういう企業の努力があり、低糖食品の選択肢が増えることがとても嬉しい。選択肢が多い人生の方がきっと楽しい。美味しくて安全な物をこれからも見つけていこうと思う。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。