一型糖尿病 定期健診行ってきた。


おなじみ定期検診に行ってきました。

 

今回は、糖質をとる機会が多かったから、結果悪いかなぁと思ったが、A1c 6.9とまずまずでした。二回体調を崩していたのと、睡眠時間が少なかったことも原因して多少血糖が高めだった気がすけど、まぁ許容範囲内でした。

しかし、この病院の待ち時間はなんとからないものだろうか。。待ち時間の間に解決策を色々考えた。

 

 

10時30分に予約して、病院についた10時30分の段階で、まだ9時の予約の方々の診察が全然終わっていない。しかも一人の患者に対し30分以上時間をかけて診察をしている。一体なんの診察をしているんだろうか。。

 

その日は14時には仕事に行かなければならなかった為、受付に話を通し、申し訳ないと思いながらも順番を変えてもらい、2分ほど血液の結果を聞いて終了。帰宅出来たのは12時頃。インスリンを頂いて帰宅。順番を変更してもらえなければ、恐らく終わったのは14時過ぎ。。

本当に毎回この待ち時間がすごく不毛な時間だと思っている。

確かにこの定期健診時に時間をかけて診察しなければならない方も大勢いると思う。
それはわかります。

 

でも、そうじゃない方もいると思う。

検査結果が良好ならインスリンと針と測定チップだけもらえればいいという人もいると思う。医師との世間話的なコミュニケーションは必要ない。糖質制限に理解してもらえれば、少し話したいことがあるが、今の主治医に糖質制限の話をすると怒られる。

 

とにかく一番時間がかかっているのが、この医師との診察時間。
その他の血液検査等は比較的スムーズに終わる。

いっそ血液検査の結果で判断して、「あっさり診断」と「がっつり診断」の二つの部屋を設けてもらえないだろうか。

「あっさり診断」は血糖管理が比較的安定している人。「がっつり診断」は医師のアドバイスが必須な方。

そうすることで、この不毛な待ち時間を過ごさずに済むのになぁ。
病院側も効率的に診察出来るようになる為、コストも削減できる。

 

全員に平等に時間を割くいうよりは、必要な人には時間を割いて、必要じゃないと思う人はある程度スルーでもいいじゃなかろうか。

関連記事

あわせて読みたい