バクチャー 微生物 水 にんにく サプリ 効果を検証中④

しばらく更新があいてしまったが、バクチャー 微生物 水 にんにくサプリ自体は毎日摂取していた。約三カ月使用してみての感想を書いてみようと思う。

前回までの記事はこちらになります↓

三か月間試してみて、まず一番感じたことは、これ。

便がくさくなくなる

正直、びっくりするくらい臭いがなくなります。にんにくエキスなんて謳っているサプリなので、臭いなんて強くなりそうなものだが、この効果にはかなりびっくりした。この効果をもっとアピールしてもいいのじゃないだろうか。。

次に感じた効果は、、、

なんとなく調子がいい。摂取中一度も風邪をひかなかった。

毎年初冬になると風邪をひいてしまうんだが、今年は今のところ風邪をひいていない。そしてとくに寝込むなんてこともない。これは、このサプリの効果なのか、それともマスクをして外出しているからだろうか。
効果のほどはわからないが、まぁなんとなく調子がいい気がする。

しかし、一番最初に感じていた、体温が急上昇していく感じは、次第に薄れていった。体が慣れてしまったのか。。それとも効果がでなくなってしまったのかは不明だが、最近はあまり感じることがなくなった。

ざっくりまとめると、やはりサプリは効果の検証が難しいなぁという印象ですね。結構期待していただけに少し残念。。

しかし、バクチャー自体にはものすごく明るい未来を感じる。土中にいる微生物が活性化し、汚濁を分解したり、植物に良い栄養素を作り出したり、土壌を改善するなんて、とても素敵なことだと思う。

新しいサービスとか、便利な機器とか、効率を重視するテクノロジーなんかよりも、自然環境を守ることや、健康的に生きることに興味がある。そしてなんとなく世の中もそんな風潮があるような気がする。

もう便利はいいじゃないか。もっとゆっくり健康的に生きたいよね。

そんな世の中の声が増えてきている気がします。

バクチャー 微生物 水 にんにく サプリ 効果を検証中③

しばらく間があいてしまったが、毎日、バクチャー微生物水にんにくサプリを摂取している。今回はその経過報告3回目だ。過去の記事はこちらからどうぞ↓

ここまでこれといった大きな変化はなかったが、飲み始めて、一か月以上経過した現在、どうなったかというと、、、

調子が良い気がする。。

やはりこのような感想になってしまう。体温が上がる感じは非常に感じるんだが、目に見えての効果はあまり感じていない。
サプリの効果なんてそんなものかなぁと思っているが、値段が高い分少しがっかりした気分にもなる。

ただ、飲み始めてから体のことを意識するようにはなった。体温のことや、食事の事や、毎日の便のこと。そもそもサプリだけで体質改善しようなんて考え方が間違っているのかもしれない。

サプリとはじんわりとさりげなく体のバランスを補填するものだと考えるほうが自然だ。切って貼ってのような簡単な作業ではない。

口コミすらも操作されてしまうようなこのご時世で、何を信じればいいのかわからないが、サプリに関しては全てにおいて短期間で劇的に何かが改善するってものではなさそうだ。これは間違いない。

とりあえず今後も飲み続けてみて、体にどのような変化が出てくるか観察してみたいと思う。

バクチャー 微生物 水 にんにく サプリ 効果を検証中②

「前回投稿したバクチャー 微生物 水 にんにく サプリ 効果を検証中①」の続きです。

「バクチャー 微生物 水 にんにく サプリ」を購入後、約二週間が経過しました。今のところ体に起きた変化は以下の3点だ。

・寝起きが良くなった気がする
・便秘にならなくなった気がする
・体が元気になった気がする

こんなところだろうか。

「気がする」

うーん、微妙な感想で申し訳ないのですが、これが現在までの正直な感想です。
すごく曖昧な感じなのは、あくまで効果については数値ではなく、感覚によるところが大きい為だ。

ここが良くなったよー的な、西洋医学的なものではなく、なんとなく良くなっている気がするという東洋医学的な感想となってしまう。まぁ、サプリなんてそんなものだろうと思う。


ただし、飲んだ瞬間の体温の上昇については、間違いない。体温が上昇している。そのくらい、ぐわぁーって体が内側から熱くなる。

飲み始め最初の一週間は水2Lに対し1滴だったが、現在は2Lの水かお茶に2滴落として飲むようにしている。
最初の一週間は慣らしという感じなんだろうか。

今の段階でわかっていることは、特に大きな副作用はなさそうなことと、なんとなく体調が良いこと。それと、便から臭いがあまりしなくなったことだ。

大きな効果が実感できるまでは続けてみようと思う。

バクチャーについては、今後もっともっと世間に認知されてくるはず。その時にこの記事が誰かの役に立ちますように。

バクチャー 微生物 水 にんにく サプリ 効果を検証中①

お詳しい方にとっては今更とは思うが、バクチャーという言葉をご存じだろうか。

公式にはこう書かれている。

バクチャーとは 「微生物活性材バクチャー(BAKTURE)」という名称は、Back to the Natureを略した造語です。 その名の通り、微生物の偉大なチカラに助けてもらい、自然を本来の姿に戻すことができる世界初の新しい技術です。

バックトゥーザネイチャー略してバクチャー。

このバクチャーとは一体何かというと、バクチャーを使って環境中の微生物活性化させて汚染されたものをきれいにしましょうというものだ。まずは下の動画をみてもらうのが手っ取り早く理解できます。

今回たまたま知り合いが教えてくれたので、偶然知ることが出来たが、今まで全く知らなかった。自分が知らない世界でこんなものが開発されていたとは。。

基本的に疑い深い人間なので、どこか怪しいにおいがしないか徹底的に調べてみたが、特になにもみつからなかった。そして調べている時点でどんどんバクチャーのファンになりはじめている。

で、これは絶対健康に良さそうだと思い、いろいろと調べてみたら、やはりありました。
活性エキス 【バクチャー 微生物 水 にんにく サプリ ニンニク ミネラル RBC】

バクチャーの技術を利用した、サプリメントですね。

買い物については慎重派だが、これは見つけた瞬間にほぼ衝動的に買ってしまった。
まぁまぁの値段がするので実は一瞬ひるんだが、勢いが消える前にアマゾンでぽちった。

そして約一週間後に到着

https://amzn.to/3h3sN2k

正直ものすごく小さいので、これでこの値段かぁとなる方は多いと思います。小さい目薬くらいのサイズだ。

そして、折角購入したので、飲み始めてから私の体に何が起こったかを記しておきます。

レポート開始

初日、2リットルの水に一滴たらし、よく混ぜて飲んでみる。
15分後、喉の部分が熱くなって、大量の汗が噴き出してくる。体の体温が自動的に上昇しているようだ。
ものすごい元気が出たとかそういう感じはなく、むしろ少し体がだるくなったような気もした。

二日目、同じく2リットルに水に一滴たらし、飲み始める。
またしても大量の汗がでてくるが、初日よりは症状が軽い。ちなみに、にんにくの成分が入っているが水で薄めているので、においはほぼ感じない。
だるさはないが、眠気がある。そして、何かよくわからないがなんとなく体が熱い。

三日目、同じく水に薄めて飲み始める。
この日は嫁さんに朝食時に飲ませてみた。そしたら、なんと出社の検温の際に熱があったとのこと。これはやはり体温を上昇させているのか。良い事なのか悪いことなのかはわからないが、嫁さんはその日体が少しだるくなったとのことで、早い時間に就寝。

四日目、同じく水に薄めて飲む
起床して、嫁さん、調子ばっちりらしい。すっきりしたご様子だがこのサプリが有効だったのか??理由は不明。
私も同じく飲み続けているが、飲み始めてから効果を感じている一つに便秘がなくなったこと。あと便のにおいがあまりしなくなったこと。今のところはこんな感じだ。

本日5目開始します。

とりあえず、引き続き体に変化があればレポートします。

カフェイン過剰摂取で頭痛?ノンカフェインのすゝめ

一型糖尿病を患ってからというもの、糖質制限に目覚めてしまった為、基本的に甘いものを摂取しなくなった。食べる物も飲む物もだ。
その為、日常的に飲むブラックコーヒーにどれだけ拘るかが日々の楽しみになっていた。毎朝豆を挽いて、ハンドドリップでゆっくり時間をかけてコーヒーを抽出する。
こんな贅沢な時間。無駄な時間のようで無駄な時間ではない。
そういう日常もいいなぁなんて思っていた。

しかし、ある時からそのコーヒーに心が囚われてしまうことになったのだ。朝コーヒーを飲まないと、どうにも元気が出ない。なんだかやる気が出ない。最悪仕事にも行きたくない。という状況に陥ってしまった。コーヒーがないと頑張れない。コーヒーを飲まないと眠気が襲ってくる。コーヒーがないと脳がシャキッとしない。
なんとなくこんな感じの日々が続いていた。

そもそもカフェインとはコーヒー以外の何に含まれているのだろうか?

カフェインは天然の植物由来の成分で、コーヒーの他に、日本茶(緑茶)や抹茶、紅茶、ウーロン茶、カカオ豆(ココアやチョコレート)、コーラなどにも含まれている。所謂嗜好品の類にはカフェインが含まれているようだ。

サラリーマンの私は、朝出社前にコーヒーを3杯飲んで、仕事中には大きめの缶コーヒー一本+0カロリーのコーラーを午前中に飲み切っていた。今考えると、どう考えてもカフェインの過剰摂取だ。わかっていても辞められない。なんで辞めらないのだ。

カフェインには中枢神経を刺激して覚醒する作用があるため、眠気を抑えたり、疲労感が軽減されると言われているが、そのカフェインを過剰摂取しなければ頑張れないほど疲れていたのだろうか。それはそれで問題な気もするが。

今後の健康状態を心配し、これはいかんとの思いから、思い切ってカフェインを一切摂取しないで2週間過ごしてみたので、その記録を残そうと思う。

結論から言うと、想像以上にしんどかったが、なんとかカフェイン中毒から抜け出せたかなぁ?という曖昧な感じだ。ただし、それ以上に大きなものを得られた。

【1日目】
初日ということもあり、カフェイン断ちのやる気は十分。さっそく朝のコーヒーをやめて、ノンカフェインの麦茶を飲むことにした。冷たくて美味しい。とくになんてことなく、普段通りの日常が始まったと思った。

が、起床して2時間くらい経ったあたりから、妙な頭痛がするようになった。そして急激な眠気。まだ起きて少ししか経過していないのに、想像以上の疲労感がある。
ネットで検索すると、似たような症状を訴えている方が大勢いらっしゃる。これが禁断症状か。ただの頭痛だけならまだしも、強烈な眠気。これが非常にしんどかった。

なんとか堪えて、一日目は無事に終了。しかししんどかった。
初日が一番きついはずだから、今後は症状が和らぐだろう。

【2日目】
ノンカフェイン生活2日目開始。本日は休日。
しかし、なんと初日よりも頭痛がひどい。また倦怠感もひどい。こんな思いするくらいなら、もうカフェイン摂取しようなって気持ちになる。
ダメだ。今諦めたら全てが無駄になる。

思い返せば、禁煙した時も禁酒した時も、どちらもこんなにひどい症状は起きなかった。

しかしこれを乗り切れば、カフェインに囚われることなく生活できるはずだ。そう思いながら一日寝て過ごし、2日目終了。

【3日目】
まだ頭痛がする。なぜこんなに症状が改善しないのか。
何年も毎日カフェインを連用していたからか?依存症とはここま辛い事なのか。

この日は冷蔵庫に入っていたジャズミン茶を少し飲んだ。すると少し症状が回復した。恐らくジャスミン茶にはカフェインが若干含まれていたのだろう。ほんの少し飲んだだけだが、だいぶ症状が軽くなった気がする。
しかしカフェインを摂取してしまったという罪悪感が残る。罪悪感とともに3日目を終える。

【4日目】
まだまだ頭痛がやまない。倦怠感も強いままだ。
日頃の疲れが抜けず、ついカフェインを摂ってしまう。こんな生活を何年も続けてきたからだろうか。体にカフェインが染みついている感じだ。

しかしなんでこんなに疲れているんだ。
こんなに疲れてまで一体何をしていのだ。

この頃から自分仕事環境や、生き方、ストレス、休み方について深く考え始める。
一体何にそんなに疲れているのだろうか。

何がストレスで、何が楽しみで、何で自分は回復するのか。
そして極論どう生きたかったのか。

深く考えた。




深く考えた結果、仕事を辞める事にした。

続く。

テレワークをやってみて気が付いたこと。最高の日々だった。

久しぶりにブログを更新している。半年ぶりくらいになるのか。。

実はコロナウィルスの影響で、約一か月程テレワークを行っていた。
社内で一定期間テレワークを行うよう指示が出たのは私一人だけ。

理由は基礎疾患がある為だ。
一型糖尿病とは基礎疾患なのだと改めて意識することになった。

さすがに重篤化されたら困ると思ったのか、緊急事態宣言が発表された翌日より、急遽テレワークに突入した。

そして緊急事態宣言が解除された今、そのテレワークも終わり、前と同じように会社に出勤している。←今ここです。

たったの一か月だったが、自宅での仕事を経験して気が付いたことがあるので、それをまとめておこうと思う。

①圧倒的な生産性

まず、びっくりしたのが、なんで今まで会社に通っていたのか分からなくなるほど、ほぼ不自由なく通常の仕事を行うことができたことだ、

ちなみに今の私の仕事は大手エンタメ企業のカスタマーセンターで、電話とメール対応が主な仕事内容だ。
そのチームのリーダーというポジションで、顧客からのメールにひたすら返信し、報告書を作ってクライアントに提出する感じの仕事だ。電話対応は私以外の社内のスタッフが行っている。

社内のメンバーとはZOOMでコミュニケーションをとりながら、社内にある自分のPCを遠隔で操作して業務を行っていた。
なお、遠隔操作にはクロームリモートデスクトップという機能を使用していたのだが、無料で使用でき、使いやすい素晴らしいツールだと思う。


テレワークを約一か月間続けたが、正直ね、一生テレワークで良い。


どうして今までテレワークを導入してこなかったのだろうか。こんなに効率のよい働き方はない。24時間いつでも会社のサーバーにアクセスでき、始業時間や終業時間にもとらわれない。


やろうと思えば、どんな仕事でもテレワークが可能なんじゃなかろうか。みんなテレワークでいいよ。なんて思えてくるほど効率が良かった。

テレワークをやらない理由はいくらでも思いつく。セキュリティーの観点から見るとやはり穴だらけのように感じる。

でもそのやらない理由よりも、テレワークの生産性の高さ圧倒的に上回っている。

②環境のよるストレスなし

自分が職場の人間関係にどれだけストレスを受けていたかに気がつけた。

一人で働いてみて思ったことは、大勢の人間と同じ空間で一緒に仕事をするのは、本当にストレスだったんだなぁということだ。

なぜか?

今回自宅で一人で働くことになって、朝起きるのがとても楽しくなったのだ。
起きるのが全く苦じゃなくなった。なんなら早く起きて朝早くから仕事していたくらいだ。ストレスがないってとても前向きになれるんだ。

別にコミュニケーションが苦手なわけでもなく、どちらかというとうまく立ち回れるほうだと思っていた。しかし本当は違ったのだ。
大きくストレスを感じていたのだ。人間関係に。

日頃感じていた憂鬱な感じは、仕事が嫌だからなんじゃなかった。
仕事場にいくのが面倒でストレスだったのだ。
仕事の内容ではなく。職場環境が私にとってはストレスだったのだ。

この年(37歳)になってようやく本当の自分の気持ち(性格)に気がづけた。

③通勤時間0分。

そりゃそうだよね。

自宅で仕事してるんだもの。
自宅が職場って最高なのです。

いつもなら満員電車に揺られている時間に、ゆっくりコーヒーのみながらテレビを見ている。しかも平日にだ。

最高か。

毎朝満員電車に乗って、何が楽しいのか。何がしたいの自分?これが理想の生活か?こんなこと一生続けるのか?

「満員電車での通勤は最高です。日本人の誇りです。みんなで同じ時間に同じ電車に乗って一生懸命はたらきましょう。」
なんて思考をもった奴は、もはや変態だぜ。。
なんて満員電車で通勤しているサラリーマンを憐れんだりしていた。

まとめ

今回のテレワークを経験したことで、自分がどう生きたいのか、どういう性格なのかがはっきりわかった。

・人間関係にストレスを受けていた人間だったこと。

・自宅で一人で働くことが好き。

・働くことは嫌いじゃなかった。むしろ働くことは好きなタイプだったこと。

・時間的な自由を手に入れたかった。

コロナウィルスのおかげで、はっきりとした目標が出来た。

自宅で働くことを目指す。私の当面の目標はこれだ。

ポジティブシンキングの本質 間違った捉え方は危険

ポジティブシンキングの考え方を間違っている人が非常に多い。

つい最近、職場で恐ろしいくらいにポジティブな人に出会ったが、一か月も経たないうちに休職してしまった。あんなにやる気に満ち溢れていたのに。
あの人は一体何を考えていて、何を間違ったのだろうか。

「プラス思考」、「積極思考」とも言われ、物事を前向きに捉える考え方を、所謂ポジティブシンキングという。

ポジティブシンキングとは、人生を成功に導く為に必要な思考と言われているが、一体どういうものなのか。実は漠然としていて意外に捉えにくいものではないか。

ポジティブシンキングとは思考法の技術の一つだ。

もしも、ポジティブシンキングの捉え方を間違えってしまうと、体も心もボロボロになってしまう危険性がある。前向きに、積極的に生きることは大切だ。しかし、まずはその思考法がどういうものなのかを考えないといけない。

“ポジティブシンキングの本質 間違った捉え方は危険” の続きを読む

悩むと考える その違いについて

「悩む」と「考える」一見似たような意味合いをもつ言葉だが、その本質は真逆だ。

以前勤めていた会社で、「悩むこと」と、「考えること」の違いについて理解していない人が非常に多かった。人は考えることに慣れていないと、すぐに悩み、その場で停滞しようとしてしまうのだ。結果、物事が先に進まない為、チームがうまく回らない。

悩むのが得意な人がチームに一人でもいると、そのチームは大きく損をする。
そういう人を見る度に、考える習慣を身に付ければ、きっともっと活躍できる人なのにといつも思っていた。

今回は「悩む」「考える」の違いについて 文字通り考えてみます。

悩むとは?どういうことなのか。

まず、悩むとはどういう状況なのかを説明する。
端的に説明すると、「悩む行為」とは、物事を解決に導こうとせずに、ひとり悶々と時間を浪費することだ。仮設が描けないことで、思考が停滞している状態なのだ。

また、悩むこと=解決できないことだ。
例えば、過去のことや他人のこと、分からないことにとらわれている状態のことだ。

悩んでいる状態の時は、ある意味以下のようなうつ病の精神状態に似ているという。

・気分が沈む
・意欲がなくなる
・悲観的になる
・集中力がなくなる

悩むとは、それくらい精神にとって良くない状態だとわかってほしい。また、これが周りに・チーム全体に伝染すると思うと恐ろしいことではないだろうか。

悩むとは?賢人の言葉

悩むことの不毛さについて、賢人たちも以下のように語っている。

「悩む」とは、物事を複雑にしていく行為だ。ああでもない、こうで
もないと、ひとり悶々とする。わざわざ問題をややこしくし、袋小路に入り込
む。ずるずると時間を引き延ばし、結論を先送りする。それが「悩む」という
行為だ。

堀江貴文氏『ゼロ――なにもない自分に小さなイチをたしていく』ダイヤモ
ンド社 P160~P162


なんの目的もなく、そのことを考えることで、ネガティブな気持ちになったり、過去を後悔するだけで、建設的とは言えない行動を、「悩む」ということ

「考えること」と「悩むこと」の違い 《代官山・恵比寿の整体院 菊地屋》 – 【恵比寿・代官山の整体】あらゆる婦人病を専門的にケア・口コミ多数・菊地屋

考えるとは?どういうことか。

次に、考えることとはどういうことなのか。
考えるとは、なんらかの仮説をもって、その検証に向けて行動している状態だといわれている。

考える=解決しようとすること。
未来のことや自分のこと、わかっていることに目を向けている状態だ。

考えるとは、絡み合った物事をシンプルしていく行為であり、物事の本質を見抜くことにも繋がるのだ。悩むとはその逆の行為で、物事を複雑にしていき、本質が見えなくなっていくことに繋がるのだ。

考えるとは?賢人の言葉

考える」ケースでは、最初に問題をできる限り明確にする。そのうえで必要な情報を収集し、整理するといった具合に、手順を踏んで解決策を導き出す

記者の眼 – 「悩む」のではなく「考える」ための処方箋:ITpro

何かの問題を解決しようとしたり、より良く生きるためにはどうすればいいのか?など、なんらかのゴールに向かって、建設的に物事を見極めていくことが「考える」ということ

「考えること」と「悩むこと」の違い 《代官山・恵比寿の整体院 菊地屋》 – 【恵比寿・代官山の整体】あらゆる婦人病を専門的にケア・口コミ多数・菊地屋

「悩む」、「考える」の違い

「悩む」と「考える」の違いをまとめてみた。
以下のように大きく5つの違いがある。

悩む考える
仮説が立てられない仮説を立てられる
過去のことを思う未来のことを思う
主語が他人主語が自分
わからないことにとらわれるわかることに集中する
立ち止まっている前に進んでいる

悩む→考えるに切り替えるには

悩んでいる状態から、考える状態に切り替えるには一体どうしたらよいのか。

それは、悩むと考えるの違いを知ることから始め、「考える」手順を一から踏んでいけばよいのだ。ただそれだけでよいのだ。

順番はこうだ。

まずは仮説をたててみる

次にこれから先の未来のことに目を向ける

主語は必ず自分にする。他人のことは考えない。

わかることに集中する(行動する・調べてわかるものは調べる)

結果、とにかく物事が前に進む


以上
これが考えるマインドだ。

仮説が立てられない時は、過去の事例を調べる・まずは何かやってみる・相談する・調べる。すなわち行動することが大事だ。

仮説が間違っていたらどうする?
そんなことは関係ない。あくまで仮説だ。仮説なんて塗り替えていけばよいのだ。つまり何度でも仮説と検証を繰り返すのだ。完璧を求めてそこから動かないことこそ思考停止の始まりだ。

悩んでばかりで足止めしていてはダメだ。それではチームも自分も停滞してしまう。悩まずに考える、現状より一歩でも前に物事を進めることが大切なのだ。

考えるマインドを持って仕事をするのはきっと楽しいはずだと思います。

生き方がわからない人へ 「自分だけの生き方を見つける為の3つのヒント」

自分らしい生き方ってなんだ。
この題材について、大人であれば一度は悩んだことがあると思う。

ロックな生き方とは?
男らしい生き方とは?
正しい生き方とは?
理想的な生き方とは?
人間らしい生き方とは?

などなと。

大昔と違い、現在の日本社会は様々な生き方が自由に選択できるようになっている。

しかし、価値観が多様化するに従い、どのように生きてたら良いのか、自分自身でわからなくなってしまっているような印象を受ける。
普段から、自分で決定すること・考えることに慣れていないと、自分のコアになる部分の価値観が揺らいでしまうのだ。

こんな世の中で、今自分らしい生き方を探している人は多いはずだ。
私もそうだ。
自分らしい生き方をする為のヒントを3つ紹介する。
今後の誰かの人生において、この文章が何かの役に立てばいいと本当に思っている。

“生き方がわからない人へ 「自分だけの生き方を見つける為の3つのヒント」” の続きを読む

伝える力とは?人を動かす為の3つのルール

思った通りに人が動いてくれない。
自分の気持ちが伝わらない。

相手に何か指示しなければいけない立場の方で、このように悩んでいる人は非常に多い。

なぜ気持ちが伝わらないのか。
なぜ思うように人が動いてくれないのか。


仕事においてもプライベートにおいても、相手に自分の思っていることを伝える際、相手に伝えなければいけないことは、「物事」と「感情」だ。

「物事」だけを伝えても会話は成立するが、その言葉に「心」がこもっていない為、気持ちがが届かないといったことが往々にしてある。

今日は相手に自分の気持ちを「伝える」ことにフォーカスしてみる。

そして、人を動かすには後述する3つのルールを守るだけでいいのだ。

“伝える力とは?人を動かす為の3つのルール” の続きを読む