糖質制限 ヘモグロビンA1c改善したが・・・


東京に台風が近づいてきているらしい。生まれ育ちが鹿児島だけに、台風なんて慣れっこだが、東京に上陸する台風は一味違う。

都会は、台風がくると電車が止まるのだ。都会で電車が一本止まる不便さたるや。
一本電車が遅れただけでホームに人が溢れる。一体どれだけの人間が東京に住んでいるのだ。と思うほど、一瞬で人間だらけになる。

東京では狭い敷地の中にたくさんの人間を身をかがめながら窮屈に生きている。
都会の悪い面だけを考えると、こういう風に窮屈なイメージにいきつく。でも、東京だっての良い面はある。

 

・人が集まることで経済が活発になる。
・多様な人が集まることで様々なカルチャーが発達する。
・災害が起きても孤立する可能性が低い。

 

物事の良い面悪い面両方を考える癖がつくと、善と悪をはっきりさせることが難しくなる。時と場合とその人の立場によって善悪の判断は変わってくるからだ。

 

 

今回の糖尿病の定期健診の際も、やはり糖質制限については主治医に反対された。
極端な食事制限は必ずどこかに不調をきたすからとの理由だ。

確かに医師の立場からすると、現在の医療で推奨されていない食事療法を勧めはしないだろうと思う。反対する理由もわからなくはない。

ただね。こっちの体も既に極端な状態なんだよバカヤローって話だ。内臓の機能が一個正常じゃないですから。極端な状態に極端な制限をかけるのは、治療法としてそんなに間違っていることとは思わないんだけどなぁ。
まぁ先生に向かってバカヤローとは言わないですけどね。

 

 

今回の検診結果でHa1cが大幅に改善していた。なぜかというと、結構しっかり糖質を制限したからだ。それしか考えられない。糖質を制限すると確実にHa1cは下がる。その他の体調のことはわからないが、はっきりしていることは、糖質制限でHa1cは数値としてしっかり下がるということだ。Ha1cを下げることだけが目的であれば、はっきり言って糖質制限をすればいい。これも極端な話だが、それだけでいい。

ただ、主治医のいう他の部分に不調をきたすというのは、確かに一理あるかもしれない。それは糖質0食品に多く含まれる人口甘味料が関与してのことなのか、人間の代謝に関わってくることなのかは今は何か分からない。もしかしたら今後からだに何か変化が出てくるかもしれない。

しかし、糖質制限7年目。今のところ特に不調はない。これも結果だ。

これは自分だけの例なので、他の人に推奨するわけではない。大人であればその人の判断で決めればよい。判断が出来ない子供に関しては、選択肢の一つとして親が判断材料に組み込めばよい。

糖質制限。無理に推奨はしないが、自分が経験した結果は記事に残そうと思う。

しかしあれですね。
なんでも、決断って難しいですね。

今Simフリーの携帯にするかとても悩んでいる。。。現在ドコモで契約しているが、ドコモで契約しているメリットが全部チャラになるくらい、圧倒的に安い。そして、そのSimフリーのサービスを提供している会社もめちゃくちゃ多いし、それぞれのサービスもそれぞれ違う。

非常に迷うわー。決断の連続だわー。

 

自分の納得出来る生活を送る為に、自分で考えぬいて、出来るだけ良い決断をしていきたい。

スポンサーリンク

あわせて読みたい