禁煙 2ヶ月経過 変化についてのまとめ


2018年2月3日から禁煙を初めて2ヵ月と10日ちょっと経過した。今のところ思いのほか簡単に禁煙出来てしまっている。そして、今となってはもう一度吸いたいと思わなくなった。逆にタバコを吸っている人達が不思議でしょうがないほどだ。今までどうして禁煙ができなかったのかなぁと思うほどあっさり2ヵ月クリアできた。

で、体調面で何か変化があったかというと、実はところなんの実感もない。びっくりするくらい、何もない(苦笑)

普通は、ご飯がおいしくなったとか、寝起きがよくなったとか様々あるらしいけれど、ご飯はもともとおいしいし、寝起きは今でも悪い。肌や髪がきれいになったという実感も今のところない。あ、ただし歯だけは少し白くなってきている気がする。最近ホワイトニングに嵌っているせいもあるけど。

ただし、精神面では確実に変化があった。
以下3つが、特に感じた変化でした。


まず、自分の体に対して罪悪感がなくなった気がする。
体に悪いと思いながらも吸い続けてので、なんとなくいつも後ろめたさがあったが、隠し事をすべて暴露したかのような、妙な爽快感があるのです。自分の行動一つ一つに意味を持たせたいと思っていたのに、喫煙に関しては、その行動に意味がなかった。その意味のない行為を止められたことが良かった。そしてタバコをやめたきっかけで筋トレとストレッチを始めた。これはものすごい進歩だ。悪から善。不良から生徒会長だ。


次に、なんとなく清潔になった気がする。
タバコを吸わなくなった今だから分かるけど、たばこのあの匂いってやっぱ不快だわー。喫煙者だったときはわからなかったけど、閉鎖された喫煙所にはもう絶対近づきたくないわー。そんな空間に近づかない私、とても清潔だなって思ってしまっています。


最後、会話が上手になった気がする。
会話中にタバコがないと間が持たないなぁって思っていた時期があるんだけど、別にそんなことはなかった。タバコを吸わない分相手との話に集中して、相手の言葉に興味を持つことを心がけるようにした。結果、会話は弾み、結果人間関係もうまく進むことが多くなった。ような気がする。。また、休憩中はタバコとコーヒーがセットで必要とか、会話中はタバコが必要とか、そんなことは全くなかった。別に休憩中も会話中もタバコは必要ない。


以上

今のところ禁煙のメリットはこんなもんです。全て気になる程度の変化ですが、自分でも想像していなかったメリットでした。逆にデメリットは、今のところない。

自分の場合は、ニコチン依存というよりは、心理的喫煙習慣が問題だったので、喫煙の不毛さを理詰めで自分に納得させることで、禁煙に成功出来たと思う。タバコによってリラックス出来たとか、集中力が増したとか、このような誤った心理的成功体験は本当に危険だと思う。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月15日

    […] 後日書きました→禁煙 2ヶ月経過 変化についてのまとめ […]