インスリンが効かないとき。肝臓と筋肉の働きの巻


インスリンが効かない時がやっぱり多いなぁと思い、なんとか改善しようといろいろ調べてみた結果をまとめてみた。

実はずっと勘違いしていたんだけど、血糖値を下げる薬としてインスリンのことを捉えいた。そのインスリンを分泌している部位がある、膵臓だけが血糖値に影響すると大雑把に思っていた。

でもどうやら間違っていたみたい。

高血糖はインスリン不足だけが原因と思いきや、実は肝臓の機能や筋肉量にも問題があることが多いのだそう。

まず、肝臓の役割は、「代謝(合成)」「解毒と分解」「貯蔵」
「解毒と分解」については、アルコールの分解をしているのが肝臓ということなのでよく知っていたが、貯蔵についてはあまり知識がなかった。そして、血糖値と大きく関わっているのは肝臓の3つの役割の中の「貯蔵」の役割みたいだ。

その「貯蔵」と血糖値の関係を大雑把に捉えると、インスリンが正常に働くことで糖をさまざまな臓器細胞へ送り出して、糖を貯蔵することとエネルギーとして使用することで血糖値は下がるということらしい。ものすごい大雑把だが大体あっていると思う。

肝臓は小腸で吸収された糖をグリコーゲンとして蓄えることが出来るんだそう。その蓄えるという行為で血糖値を下げることが出来る。そして空腹時(低血糖時?)には、糖新生やグリコーゲン分解により、グルコースという物質を放出して、今度は血糖値を上げることも出来る。

肝臓の機能がうまく働いていないと、糖を貯蔵することが出来ないので、血糖を下げることに影響が出る。また、血糖値を上げることも出来なくなる。これがアルコール性低血糖ですな。アルコール性低血糖にはよく陥るので、このあたりの怖さは良く知っております( ・д・)/気をつけます。

で、インスリンは何をしているかというと、その糖を取り込むのの手助けをしているんだそう。ここまで調べてみて気がついたんだけど、インスリンの量が血糖値に影響するんじゃなくて、肝臓が糖を貯蔵する方の役割も結構大きくないか?と思う。

インスリンがたくさん分泌(注射で追加)してても、肝心の肝臓がうまく機能していないと、駄目じゃん。インスリンをたくさん注射で追加するよりも、肝臓の機能を整えてあげたほうがよくないかという結論に至りました。

で、もう一つ。肝臓と同じく大事なのが筋肉

筋肉も同様に、糖をグリコーゲンとして貯蔵する。さらにエネルギーとして利用する。そしてグリコーゲンを蓄えて、エネルギーで利用することで血糖値を下げる。なお、筋肉側で蓄えたグリコーゲンは、肝臓と同じように血糖を上げることは出来ないので、筋肉におけるエネルギー源とでしか使えないとのこと。(ここに関しては肝臓のほうが優秀)


筋肉は単に運動で使われるだけではなく、健康にとってとても大切なもの。別に太ってないからいいんじゃなくて、痩せてても筋肉量が少ないことは健康上問題があるのだ。

そう考えると、筋肉でたくさん糖を蓄えてエネルギーでたくさん糖を消費出来るように、とにかく筋肉量を増やしたほうがよくないかと思う。

インスリンが効かないなぁって時は、ストレスとやシックデーの影響を考えることも大事だけど、筋肉量やそれに伴う運動量、肝臓の調子を疑うのもいいかもなぁ。

 

口から取り込んだ食べ物を、口→胃、二指腸、小腸等の臓器の力で「ブドウ糖」や「果糖」といった糖の最小単位まで分解して、そこからインスリンの力で、各臓器に糖を送り出し、肝臓や筋肉で貯蔵する。その仮定で血糖値が上がったり下がったりする。

人間体すげぇ。人間の体、ものすごい精密に出来ている。脳とかの話になるともっともっと難しいんだろうなぁって思う。そして、人間の臓器について調べれば調べるだけ、いろんな臓器が連動して作用しあっていることが分かる。その為、一つの臓器がその機能を失うと、その臓器が関連していた臓器にも影響が出て、最終的に一見影響していないように見える場所に病状として現れる。まさしく膵臓の一部(ランゲルハンス島)の機能を失っただけで、肝臓、腎臓にまで影響が出るのはしょうがないことだと思えるようになってきた。

 

一度壊れたら取り返しのつかない臓器。さらに他の臓器に影響を及ぼし合うというおまけ付き。この大切さと儚さたるや。それにしても、まさか自分がグリコーゲンやグルコースという単語を使ったブログを書くようになるとは思わなかったな。

とりあえず、肝臓を労わりながら、筋肉量を増やすことを当面の目標としよう。

インスリンが効かないときに行っていること↓

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年5月15日

    […] 肝臓と血糖管理についてはこちらの記事で書いています。 → 肝臓と血糖管理について […]

  2. 2018年6月24日

    […]  東京糖質制限物語!インスリンが効かないとき。肝臓と筋肉の働きの巻http://jazzstomp.club/iddm20180413インスリンが効かない時がやっぱり多いなぁと思い、なんとか改善しようといろいろ […]