糖尿病 しんどいと思う時 ランキング


ここ最近は風邪も治ってきて、体調は良好。プライベートの無茶がたたって今年に入って3回も風邪をひいていたのだ。昨日は待ち合わせ時間までに、中途半端に時間が空いてしまったので、久しぶりに一人で外食した。

 

「やよい軒」

 

知っているだろうか。やよい軒。なんてことはない都内にある定食のチェーン店だ。病気になる前はよく使っていた。

「彌生軒」から「やよい軒」そして 「YAYOI 」へがテーマになっていて、ここ最近はグローバルに展開しているらしい。素朴だがとってもおいしい定食屋さんだ。個人的には大戸屋さんがライバルかなと思っている。

 

この日注文したのは、いたって普通のとりカツ定食なんだけど、本当にめちゃくちゃおいしかった。
正直びっくりした。こんなにうまいのかと。
しかし
インスリン打って久しぶりに定食食べましたよ。最近忙しかったから自分へのご褒美だと思ってやった。席と席の間も比較的広くとってあるお店なので、トレイではなく席でそのままインスリン打ってやった。人目を気にせず席でインスリンを打つのもだいぶ板についてきたな。

 

しかし、何んだこれは。

改めて言うが、普通のとりカツ定食なのにめちゃくちゃおいしい。
やよい軒ってこんなにおいしかったっけ。
普段みんなこんなおいしい物を当たり前に食べているのかぁと思うと、ちょっと悔しくなった。ちくしょうだ。やよい軒の定食だけでこんなに感動する自分にもちくしょうだ。

 

 

慢性的な体のだるさがあるときは、内臓からの危険のシグナルだと思っている。
その場合は、最近はなるべく早めに病院にいき検査をするように心がけている。
歯医者もちゃんといくし、先日は整形外科にもちゃんと行ったし。

 

※後日整形外科へは行きました↓

 

若い時は、なんとなく調子悪くても寝てれば治るし、自分が大きい病気するわけないと思っていた。
しかし、案外自分みたいな人って大きい病気しちゃうんですよね。

 

一型型糖尿病と診断されて入院する前はこんな感じ↓

・なんとなくいつも眠たい。
・やたら喉が渇く。
・体がだるくて、やる気が出ない。

 

体からは「そろそろやばいよー」って合図があったのに、無視して気合が足りないだと思い込んでいた。
今考えると明らかに体の調子がおかしいのに、当時なんで病院行かなかったのか不思議。同じような過ちを他の方が起こさないよう、もし似たような症状が現在ある方はすぐに血液検査することをおすすめします。

 


そんなこんながあり、自分が治療を開始してからの7年間の経験が誰かの役に立てばと思い、このブログなんてものをコソコソ書いている。気がついたら現時点で70記事も書いていた。途中関係ない記事も含まれているけど。特に手間でもないので、暇なときコソコソ更新している。


最初は適当に始めたけど、書き始めたら止まらなくなり、思考が暴走して、たまに変なところに着地する。それもまた良し。とりあえず100記事書いたところで、改めて自分で読み返してみようと思う。

 

しかし、きついですよね。。糖尿病。自分のことながら、本当にそう思う。メンタルが弱ってる時は特にそう思う。現在一型糖尿歴7年目。といあえず今の段階できっついなぁと思ったことをまとめてみた。

関連記事:糖質制限フェスティバル(2018/10/8 更新)

 

関連記事:入浴中に低血糖になったことはあるか

 

関連記事:糖尿病で生命保険は通るのかについて

 

糖尿病きっついと思う時ランキング

第1位:気軽に食べ物を摂取できない。

もう。これにつきる。本当にそう。困る。
なんとなく小腹がすいたり、空いた時間に軽く食事をしたりっていうのが出来ないのです。
まぁ、インスリン打てば出来るんだけど、気軽ではない。気持ちは軽くない。我々が食事をすることは決して気軽ではないのだ。サンドウィッチとか、おにぎりとか、軽い感じでベンチで食べる人うらやましーなぁって思ってます。

同様に、お祭りの的屋なんかで気軽に買い食いできない。焼き鳥とかは食べられるけど。焼きそばやりんご飴は無理だ。去年に近所の七夕祭りで、「肉巻き」なんて物が売っていて、おっこれならいける!と思い食べたら、肉の中に米が入っていたので裏路地で吐き出したの思い出した。嫁さんに「だまされたっ」とか言って全部あげたんだった。誰もだましてないんだけど・・・

 

 

第2位:高血糖と低血糖の恐怖が常につきまとう。

人前で演奏することが多い生活の為、30分~60分間は補食が出来ない環境が月に3~4回は必ずある。その場合、低血糖になったからと言って、途中で演奏を止めて補食することはできない。本当に恐怖。自分の場合、低血糖になると体よりも頭が先に働くなる。頭が働くなった状況で集中して演奏するのは無理だ。今のところ演奏中低血糖になったことは一度しかないが、この恐怖はいつもつきまとっている。

低血糖起こさないようにエネルギー摂取する糖質制限がなかったら、恐らく演奏することは諦めていたかも。スポーツ選手も同じだろうなぁと思う。特に水泳選手はきついよなぁ。裸だからブドウ糖とか持てないし。そもそも水に濡れちゃうか。

 

第3位:風邪引いたときに、すこぶる体調が悪くなる。

今年になって何度も風邪をひいてしまったので、きついなぁと思うことが多かった。昔はそうも感じなかなかったけど、最近やばい。自分の場合、本当に具合悪くなる。高血糖と風邪のダブルパンチはきつい。たかが風邪程度でなどど軽く時叩かれた時はムカーってなります。

 

以上、

 

まぁ他にもいろいろあるけど、ざっとこんな感じです。子供がいたり、学生だったり、介護中だったりと、人によってきついと思うことは違うと思うけど、同じ病気の方の悩みは大体こんな感じかなぁと思う。

今まで当たり前だと思っていたことが、当たり前でなくなることを強制的に受け入れること。これが病気を受け入れることだ。

ちなみに定期健診の時もしんどいなぁと思うな。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年5月16日

    […] 2018年5月 糖尿病きっついなぁと思っていることはこちら↓ 糖尿病きっついと思う時ランキング […]

  2. 2018年5月16日

    […]  東京糖質制限物語!糖尿病きっついと思う時ランキングhttp://jazzstomp.club/iddm20180516ここ最近は風邪も治ってきて、体調は良好。昨日は、中途半端に時間が空いてしまったので、久しぶ […]