SATEOBA 枕 安眠 快眠枕 は効果あるのか。


突然だが、数年ぶりに枕を買った。

枕を買い換えるなんて、人生においてそうそうないことだと思う。旅行先に枕を持っていくという人がいるくらい、その人にとってその枕は唯一無二のものなのだ。そんなその人の睡眠人生に寄り添う枕をポイポイ買い換えるやつなんていないと思う。

 

別に眠れないわけでもないし、前の枕が駄目なわけでもないんだけど、実は腰の為を思ってのことだ。先日整形外科に行ってからというもの、腰への興味が絶えないのです。

坐骨神経津の話はこちら↓

 

枕と腰痛とは一見無縁のようにも思えるが、人間の背骨と言うのは首から腰までつながっているため、背骨の1カ所が歪んでしまうと、その歪みが原因で腰に不調が出てしまうこともあるんだそうな。だから枕を変えたら少し改善するじゃなかろうかと。

 

それと、朝起きたら枕をしていないことが多く、気付いたら変なところにポンと枕だけが置かれていることがある。なぜだ。たぶん寝てる間にポイッとどこかに投げているんだろう。まったくもって不思議だ。ちょっと寝返りをうった程度じゃあの位置まで枕が移動することはない。明らかに手を使ってポイってしている。

 

もしかしたら、枕の高さが合わない為、ストレスのかかる物を必要ない物として、無意識に枕を排除しているのかもしれないなぁ。枕って少し高さが合わないだけで、途端に邪魔な置物になる。

 

それとも、あれか。夢遊病ってやつなのか。

【夢遊病】
意識障害の一種。睡眠中起き出して歩き回るなど、
かなりまとまった行動をするにもかかわらず、
目が覚めてから、そのことが思いだせない。


怖い怖い。

睡眠中無意識で枕を投げて、朝覚えていないなんて奴にはなりたくない。

 

 

そんなこんなで、ネットで調べてみたところ、まぁいろんな種類の枕が出てきました。

値段もぴんきりで、高いものは数万円する。腰の為とはいえ、枕に数万。それはいくらなんでもやり過ぎだ。それぞれのメーカーが自分のところの枕の良いところを紹介しまくっている。これが本当の枕営業ってやつか。

こんなにたくさん枕があると、そのうち雑誌で「デキる男は枕が違う!○○○○年 トレンド枕」みたいな見出しで特集されるかも。そんな雑誌絶対買わないけど。

 

そして、散々迷ったあげく今回はこいつを購入した。

SATEOBA 枕 安眠 快眠枕


不思議な形の枕だが、商品説明にあった以下の文章が決め手だった。

人間工学に基づいた設計。
体に負担の掛からない低反発、頭、首、肩をしっかりサポートする。
最適寝姿勢をキープできるよう設計された形状はいつまでも寝心地良い。

うむ。

どうやら人間工学に基づいているらしい。
人間工学(にんげんこうがく)とは、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問らしいんだけど、結構変な形をしていることが多いな。

これ、一見どっち向きに使えばいいのかわからない。
※使用方法については特に記載がありません。

画像から見る限り、大きく膨らんでいるほうが首側だと思うが。

 

 

Amazonで注文してすぐに届いたので、その日の睡眠から使用したくて、夜までワクワクして待つ。そして夜22時になり、少し早いが寝ることにした。布団を敷いて、枕を置いて、せかせかと横になる。

 

そして枕に頭をそっと乗せる。

 

 

 

うん。いいかもしれない。

 

枕と首の隙間が埋まるので安定感がある。しかも低反発だから首への負担も少ない。これが人間工学の賜物なのか。仰向けの姿勢が、自然な状態でキープ出来ている気がする。人間工学とはこのことか。

うん。
いいかもしれない。いいかもしれない。いいかもしれない。。。。zzzz

そんな事考えてたらいつの間にか寝てしまっていた。その日は少し疲れていたということもあり、一度も目が覚めることなく朝まで熟睡。 さすがは「安眠 快眠枕 」を謳ってるだけあるなぁ。と思ったが、

 

朝起きたらいつも通り枕がなかった。

 

布団から大分遠い位置にポイッと投げられている。しかも前回の枕と全く同じ位置に投げられている。・・・また投げたのか。

 

 

熟睡してたのは疲れてただけか。。

結局枕いらないじゃん。結局どんな枕を使っても駄目だってことでした。ただ、枕そのものは良いものだと思うので、安いし試してみる価値はあるかと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月17日

    […]  東京糖質制限物語!SATEOBA 枕 安眠 快眠枕 は効果あるのか。http://jazzstomp.club/iddm20180517突然だが、数年ぶりに枕を買った。枕を買い換えるなんて、人生においてそうそうないことだと […]