(続) 血糖管理の為、筋トレ開始しました


昨日から夜急に暑くなった。ムシムシしている。そうか、もう夏がくるのか。もうすぐ36回目の夏がやってくる。

学生のころ、特に小学生の頃の夏は永遠かってくらい長かった。でも社会人になってからの夏は一瞬だ。蝉が鳴いたと思えば、鈴虫が鳴く。夏から秋になり、それから少し経てば正月になる。最近、どの季節が一番好きかと聞かれれば夏と答えている。自分にとって夏のイメージは「儚い」だ。周りからはどう見ても見た目はインドア派と言われるが、好きな季節は夏と答えるようにしている。理由は自分でもわかりません。

 

 

そして、時間の流れは絶対に均等ではない。年齢と共に加速度的に早くなっていると皆が感じていると思う。そんな一方通行の時間の流れの中で、今年は何か一つでも達成せねばと思い、筋トレをはじめた。また、坐骨神経痛を治す為にもだ!

5月18日現在、筋トレを本格的に開始してから約1ヵ月が経過した。筋トレを開始した時の話↓

 

 

1ヵ月間、大臀筋と体幹をトレーニングした結果。データ上では以下のようになりました。

前回2018年4月17日はこちら

体重50.1kg

筋肉量:44.7kg

で、今回2018年5月18日はこちら

体重51.4kg

 

筋肉量:45.4kg

 

<結果>
体重が1.3kg増加
筋肉量0.7g増加

となりました。

体重も筋肉量も若干増加したので、まずまずの成果だと思う。しかしお尻の筋肉をつける為に、この年になって筋トレをはじめるとは思ってもみなかったな。モチベーションを保つことよりは、毎日の習慣にしたかったので、今回はアプリを利用してみました。

大臀筋トレーニングに使用したアプリはこちら。



Runtastic Butt Trainer 美尻ダイエット

 

美尻ダイエット。。なんと恥ずかしいネーミングなんだ。男としてお尻の美しさなんて気にしたことがなかった。そもそもそんな男はいるのか。女性は案外意識してるもんなのかなぁ。

これは、グラフィックに併せてエクササイズするというアプリなんだけど、筋トレとインターバルを繰り返し、一回で三種類ほどの筋トレメニューをこなす仕様となっている。時間的には一回15分程度で終わる。このグラフィックの人間の動きが非常になめらかで、まるで本物の人間みたい。ちょっと怖いくらいだ。しかしカウントとグラフィックの動く速度が微妙にずれてくるので、グラフィックだけを見ていると回数と合わなくなってくるので注意が必要だ。

 

 

今回は全体的に筋肉をつけていくのではなく、自分に足りない部分の筋トレだけを行っている。全体的に鍛えてしまうとカロリーを消費して逆にやせてしまう可能性があるからだ。今まで何度か筋トレしてきたが、逆にやせてしまったのはそのせいだ。食事制限があるとそういうリスクがあるのだ。

やみくもに筋トレして疲弊するよりは、最低限の筋トレで、足りない部分を強化し、体全体のバランスをとることにしている。そして筋トレを行う日は、普段より少し糖質を多めに摂取するようにしている。逆に痩せてしまわない為だ。一般的なセオリーが通用しないのが、病人の辛いところですね。

今までの経験上、糖質制限を行ったまま筋トレもすると極端に体がスリム化する。この方法はあの有名なライザップと同じやり方だ。確かにダイエット目的や体を引き締めたい人にとっては最も理にかなったやり方だと思うが、筋肥大を考えている場合は逆効果だ。スリム効果がありすぎて逆にやせてしまうのだ。なので、経験上筋肥大を狙うにはエネルギー摂取が必須だと思っている。

 

本当にただ痩せたいと思う人は、ライザップ式(糖質制限+トレーニング)で間違いなく体は引き締まっていくと思う。


まぁ何より楽しんでやれているのがいい。お尻の筋肉なんていままで意識していなかったから、お尻の筋トレなんてしてる自分が新鮮な感覚で楽しい。

しかし、ダイエットアプリを太る為に利用しているの中年の男もなかなかいないだろうな。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月18日

    […]  東京糖質制限物語!(続) 血糖管理の為、筋トレ開始しましたhttp://jazzstomp.club/iddm20180518昨日から夜急に暑くなった。ムシムシしている。そうか、もう夏がくるのか。もうすぐ36回目の […]