合理的か非合理的か 糖質制限


「合理的か非合理的か 糖質制限」 、、なんて真面目なタイトルだ。

現在激烈な二日酔い。
またやってしまった。

知り合いの結婚パーティーでの演奏があった為、演奏前と演奏後にかなりの量を飲酒してしまった。
やっちまった。しかも帰宅途中に友人が飲んでいるのを見つけて合流するというオマケつき。

そして今、激烈な二日酔いの中。仕事しながらこのブログを書いてます。

二日酔いの最中は、絶対今後酒なんか飲まないと思うんだけど、なぜか二日酔いを繰り返しますね。そんな
いい加減な自分の行動や選択にはどういう気持ちが判断基準になっているのか考えた。

基本的に自分は理性的で結構真面目で、その行動が自分に対して合理的なのか考えることが多いと思っていたが、どうやら違ったみたいだなぁ。寧ろ真逆な人間のような気がする。

 

なんでこんな真面目で堅苦しいのことを考えはじめたかというと、ついさっき人工知能に関するとある記事を読んだからだ。

その記事の中で著者は”人間らしさ”のことをこのように定義づけていた。

 

「人間らしさとは、人間本来の”非合理性”のことである」

 

また、合理的という言葉に対してはこのように定義している。

 

「目的に対して最短で到達しようする性質のこと」

 

そして、人口知能の進化における合理的な考え方の最終目標は

「お金を集めて独占すること」なのだそう。

 

なるほど。

確かにいろいろな企業の人工知能の開発目的の一つは、極論そういうことに繋がっていくんだと思うんだけど、改めて「合理的」を突き詰めることは怖く・窮屈だなぁと思う。

 

やはり、いい加減な人間世界を保つ為には、無駄なことや・自由なこと(非合理的なこと)をやっておかないと、なんだか本質的なものを見失う気がする。

 

 

で、何が書きたいかというと、糖尿病に対して糖質制限は恐らく合理的であるということ。そして、糖質が人間にとって毒だということが前提の場合、カツカレーもパスタもアイスクリームもケーキは、健康に対して非合理的な食べ物となる。

でも、「非合理的=人間らしさ」というのであれば、これらはとても人間らしい食べ物になる。

 

で、私の話だが、旅行先や好きな人達を会うときは、出来るだけみんなと同じ物を食べるようにしている。その時だけは糖質制限を一旦解除。インスリンを打ってでも好きな食べる。アルコール摂取や糖質摂取時は、血糖管理・健康だけで考えると、すごく非合理的なんだけど、人間的でいれる瞬間でもある。

 

絶対に失敗が許されない完璧な世界が人工知能に統治される完璧な世界だとしたら、
駄目駄目なんだけど、非合理的な人間らしさが残る完璧じゃない世界に住みたいなぁと思いながら、、、今日も飲みに行って来ます!

 

と、色々と戯言を書きましたが、こんなのはただの呑ん兵衛の言い訳ですね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月22日

    […]  東京糖質制限物語!合理的か非合理的か 糖質制限http://jazzstomp.club/iddm20180522「合理的か非合理的か 糖質制限」 、、なんて真面目なタイトルだ。現在激烈な二日酔い。またやって […]