一型糖尿病 健康寿命について


先日、会社のアルバイトさんの叔父さんが亡くなったとのことで、通夜の為会社を休んだ。80歳過ぎの方だったとのことだが、亡くなる前までの1年間くらいはずっと寝たきり状態だったらしい。

80年歳か。。自分が80歳になって、寝たきり状態になった場合、それでも生きたいとしっかり思えているだろうか。

 

 

うーん。

全く想像が出来ない。自分が80歳になったと時の精神状態と、周りの風景がびっくりするくらい想像出来ない。病気は完治しているのか?歯や髪の毛はあるのか?そもそも地球はどんな状態だ?孫はいるのか?そもそも子供はいるのか?

 

ちなにみ2016年に発表された日本人の平均寿命はこうだった。

男性が80.98年
女性が87.14年

実はずっと平均寿命のことを勘違いしていたんだけど、これって日本人全体の「生きてから死ぬまでの時間の平均値」ではないんですね。ちゃんと調べてみるまで知らなかった。たぶん間違って認識している人たくさんいると思う。

そもそも、寿命には平均寿命平均余命という言葉が存在するんだそう。

平均寿命とは、0歳時点での平均余命のことを意味する言葉らしく、日本人全体の平均的な寿命ではない。ざっくりと100人の死亡した年齢を足して100で割ったような数値ではないらしいのです。平均寿命とはは、あくまでも「発表されたその年に誕生した人」の平均余命であって、その前から生きている人たちには当てはまらないのだ。

なので、現在36歳の自分の余命は、80.98歳-36歳=44.98歳とは限らず、実際は発表されている平均寿命よりずっと長生き出来る可能性のが高いんだそうな。

※なんで長くなるかは、計算式がいろいろとややこしいので割愛します。

 

まぁ長生きできるのはいいことだよなぁって思いがちだが、案外そうでもない。寿命が長すぎるのも良いことばかりじゃないのだ。

寿命が長くて嬉しい人は、健康で蓄えがある人のみだ。それ以外の人にとって長生きとは手放しで喜べるものではないはず。健康もお金もどっちもない人にとっては、長生きはむしろ修行のようなものだ。

そして、寿命には介護が必要となる期間を差し引いた「健康寿命」って言葉のがある。

 

健康寿命は、個人個人が自立した生活ができる期間のことであって、自立出来なくなった時点で終わる。そして自立しているとは、自分一人だけでちゃんと生きていく力が備わっている状態のことだ。それは、経済面でも健康面でもだ。

自分が老人になった時の姿が想像できないのと一緒で、自分が介護されている姿も全く想像出来ない。想像出来ないというよりは、想像したくないのだろう。まぁ、自分が介護されているそんな未来に想像力を使いたくないですね。

でも、みんなそうじゃないだろうか。若い頃、大人になった自分はある程度想像出来たが、なぜか老人になった自分の姿は想像できない。たぶんそれは心のどこかで想像したくないからだと思う。

時間の流れは年と共に加速度的に早くなっていくものだが、80歳寝たきりの状態での1年間の速度はどのくらいのものだろうか。幼い頃の時間の経過速度が徒歩だとしたら、36歳の今が自転車くらいの速さか。だとしたら80歳の時は速度は新幹線くらいかのぉ。

まぁ、どんな速度であっても、健康の状態のまま寿命を全うするなんてことは、なかなか難しいことだとは思う。でも、出来る限りそれの状態を目指したい。

誰にも迷惑をかけずに、自分の力だけで生きていける状態のままで、孫に囲まれて朗らかに老衰したいぜ。

そう。朗らか逝きたい。

 

 

既に30歳前には一型糖尿病を患っている自分は、絶対的に健康な一般の人より健康寿命は短いはずだ。だからこそ、健康寿命を延ばし朗らかな最後を迎えられる為の、禁煙であり、糖質制限であり、筋トレだ。

関連記事はこちらや

こちら

 

ちなみに、私の母方の祖父はその昔畳職人さんだったらしく、とても活発な人だったらしい。
実際に会ったことは一度もない。私が生まれる前に亡くなっていたからだ。その祖父は、「健康な状態で急に逝ったんだよ」という話を聞かされているだけで、どういう最後を迎えたのかは知らない。また、なんだか訳ありのおじいちゃんだったらしく、あまり写真も残っていない。そのあたりは未だに謎が多い。

 

逆に、母方の祖母のことは結構覚えている。最後まで寝たきりだったが、自分が中2の時に急に亡くなった。元気に動き回っている姿のイメージは全くなくて、記憶の中ではずっと寝たきりだった。幼い頃、おばあちゃんはずっと寝たきりの人なんだと思っていた。

やはり、健康寿命を全うしたいな。
年をとっても、走って犬の散歩したいし、友達と呑みに行きたい。そしてその姿を子供・孫に見せつけたい。

 

余命はある程度でいいが、なるべく長く健康でいたい。
そして、安居酒屋に呑みにいけるくらいの蓄えはほしい。
出来ればかわいい孫に囲まれていたい。

 

うーん。

しかし、「ほしい」、「いたい」、「したい」、ばっかりだなぁ。老後の話だから仕方ないか。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年5月24日

    […]  東京糖質制限物語!一型糖尿病 健康寿命についてhttp://jazzstomp.club/iddm20180524先日、会社のアルバイトさんの叔父さんが亡くなったとのことで、通夜の為会社を休んだ。80歳過ぎの方だ […]