一型糖尿病と団体信用生命保険について


一型糖尿病と団体信用生命保険について

書類、書類、書類、あぁぁぁぁ。。。家中が書類で溢れかえっている。
収入印紙、住民票、源泉徴収表、給料明細 etc 。毎日書類の準備に追われているのは、今マンション購入に向けてローンの審査をうけているからだ。本当に書類だらけだ。

そんなこんなで、ローンと言えば、金利だ。

不動産屋さんの担当の方に協力してもらい、今回は変動金利が安い以下の2つのローン会社を勧めてもらっている。

三井住友銀行
三井住友信託

偶然にもどちらも三井住友系だ。不動産屋さんも三井系なので、恐らく裏で取引はあるんだろうか。

まぁいいや。

ローンを組むには、通常は、事前審査を通した後に本審査に進む流れだ。そして今はどの段階かというと、事前審査は無事通過し、本審査を行っているところだ。

昨日は三井住友銀行さんの本審査ということで、会議室のようなところに呼ばれ、面談があった。

実際は、面談というより必要書類に間違いがないかの確認や、保険についてのご説明を受けただけで、特に身辺調査のようなものはなかった。もう少し色々聞かれるかと思ったが、全くそんなことはなく、三井住友銀行さんのお勧めの保険やクレジットカードを勧めらた感じだ。最後にはお土産までもらった。。

 

 

で、本題の団体信用生命保険についてだが、実はこの団体信用生命保険になんらかの理由で加入出来ない場合、ローンを組むことが出来ない会社が非常に多いのだ。

まず、団体信用生命保険とは何か。

団体信用生命保険、略して団信(だんしん)と呼ばれる。
住宅ローンの返済中に、万が一債務者が死亡した場合や高度障害が発生した場合にローンの残債を肩代わりしてくれる保険。

さらに、この団体信用生命保険にオプションで疾病特約をつけることで、最強の保険になる。

この団信とは、まず第一に自分が死んだらローンがちゃらになる。さらにオプションをつけることで、ガンや脳梗塞の病気を患った場合も、ローンを払わなくてもいいよという保険になるのだ。手厚く安心を与えてくれるこのこの団体信用生命保険は、正直ローンを組むに人にとってはマストな保険だと思う。

しかし、それだけにこの団体信用生命保険に入れるかの審査が厳しいのだ。

そう、非常に厳しいのだ。

一型糖尿病を患っている私にとっては、この団体信用生命保険に入れるか入れないかが、非常に怪しいのだ。実際、不動産屋さんも銀行側も、保険会社の審査になるので、入れるかどうかは微妙だという。医師の診断者があれば、多少審査に通りやすくなるかもとのことで、一応診断書も渡したが、審査に通るかどうか、、こればっかりは確実なことは言えないのだと。

病気のことを隠して加入することも出来るが、それをやってしまうと後々痛い目にあいそうなので、ここは正直に話して、駄目なら駄目でしょうがないと思うことにした。駄目だった場合は、団体信用生命保険に入らなくてもローンが通る会社もあるので、そちらにするしかない。

結果は来週中に連絡がくるらしいので、今は待つしかない状態だ。

 

しかし、一度病気を患ってしまうとこういうところでもハンデがあるんだなぁ。

結果についてはまた、別記事で書きます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年6月22日

    […]  東京糖質制限物語!一型糖尿病と団体信用生命保険についてhttp://jazzstomp.club/iddm20180622一型糖尿病と団体信用生命保険について書類、書類、書類、あぁぁぁぁ。。。家中が書類で溢れ […]

  2. 2018年6月29日

    […]  東京糖質制限物語!一型糖尿病と団体信用生命保険についてhttp://jazzstomp.club/iddm20180622一型糖尿病と団体信用生命保険について書類、書類、書類、あぁぁぁぁ。。。家中が書類で溢れ […]