続 一型糖尿病と団体信用生命保険について


続 一型糖尿病と団体信用生命保険について

一型糖尿病と団体信用生命保険についての2018年6月22日に書いた記事の続き。

 

 

ワールドカップ真っ只中の現在。昨日日本はめでたく一次リーグを突破したようだ。日本中が騒いでいて、なんとも楽しそうだった。渋谷ではハイタッチだ。しかし現在私は現在ローンの審査に四苦八苦している。ハイタッチどころではない。家を買うって本当に大変なのだ。
現在ローンの審査中だが、そこで一番懸念していたのが、一型糖尿病でも団体信用生命保険に加入できるかどうかだった。そして昨日その結果がでました。

念の為に記載するが、そもそも団体信用生命保険とはなにか。

団体信用生命保険、略して団信(だんしん)と呼ばれる。
住宅ローンの返済中に、万が一債務者が死亡した場合や高度障害が発生した場合にローンの残債を肩代わりしてくれる保険。

ざっくり言うと、死んだらマンションのローン払わなくていいよってやつです。

 

結果から言うと、今回は問題なく加入することが出来ました

特に条件もつかず、一般の人と同じ条件で加入出来た。一型糖尿病が原因で死亡する確率が上がるとは判断されなかったようだ。よかった。。

実際団体信用生命保険の提出書類の項目には、Ha1c記載欄や空腹時血糖値を記入する欄があり、必ず記載しなければならない。私の場合は直近の定期検査の数値を記入したが、併せて医師の診断書も添付して送った。

診断書に書かれていた内容は「○○年○○月発症。しかし合併症もなく健康状態は安定。現在2ヶ月に1回の定期検査のみ」だった。主治医が気をきかせて、この人糖尿病だけど、症状は重くないですよーと書いてくれたのだ。その代わり2ヵ月に1回は必ず検査に来なさいよと念を押された。「しょうがないから次回からはちゃんと検査に行くよ」と伝えた。

 

 

この診断書が決め手になったのかどうかはわからないが、とにかく団体信用生命保険に通過するか出来てホッとしている。ちなみに団体信用生命保険に加入出来なかった場合、かなり高額な生命保険への加入も検討しなければならないのだ。実際それも覚悟していた。

結果からいうと、一型糖尿病は団体信用生命保険には入れないという噂もネット上に溢れているが、私の場合は加入することが出来た。

この記事が、同じ悩みを持つ人が現れた時に、その人の役に立てばいいなと思う。

【結論】

一型糖尿病でも、場合によっては「団体信用生命保険」には加入出来る。しかし加入出来る条件は不明だ。

 

しかれあれだ。
整体の先生も、主治医も保険会社も皆同じことを言う。

「あなたは人よりも健康面でハンデがある為、今後も人一倍体のことを気にかけなければならない。」

その通りだと思う。飲みすぎて記憶なくしてる場合じゃないな。肝に銘じておきます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年10月20日

    […]  東京糖質制限物語!続 一型糖尿病と団体信用生命保険についてhttp://jazzstomp.club/iddm20180629続 一型糖尿病と団体信用生命保険について一型糖尿病と団体信用生命保険についての2018年6 […]