血糖値高い イライラする


2018年も終わりに近づいている。
仕事も落ち着き始め、今年の夏のような激務はなくなった。単純にいうと、まぁ暇になった。そしてその激務を経験して思ったことは、人は忙しいと処理能力は飛躍的に成長する。そして高慢になり、人間的には衰退する。
忙しいと、結果的に人間的には衰退するのだ。

きっとこういうことだ。

・厳しい環境に置かれている人はそれなりに仕事やスポーツが出来るようになる。
・そして生ぬるい環境にいる、所謂”出来ない人”をバカにしがちになる。
・さらに忙しく働いているは、暇そうな人をバカにしがちになる。
・さらにチームにまで伝染し、強いチームは、弱いチームをバカにしがちになる。

たぶん間違っていない。

人間はこういうものだということを認識した上で、上記のような気持ちを態度に出さない・声にださないことが、立派な大人だ。

少し心に余裕をもてる時間が出来ると、自分を振り返ることが出来る。

まだまだ未熟故、今年の夏は忙しさのせいにして、とても嫌な奴になってしまっていたなぁと。気をつけねば。信用を失ってしまう。

もう気がつけばアラウンドフォーティー。せめて人格だけは年相応になりたいもんだ。

しかし、人格を鍛えるだけではどうしょうもないこともある。
血糖が高いと、妙にそわそわしてイライラすることがわかってきた。
なんだかわからないが、自分以外の何者かにムカついてしまうのだ。

昨日もBluetoothスピーカーにに接続できないといっただけで、イライラしてしまった。
そして周りに嫌な態度をとる。
たったスピーカーに接続できないだけで、なんであんなにイライラしたのか。一晩たてば摩訶不思議な現象だったと考えてしまう。

反省。

こういう時に血糖を測ると大体の確率で高血糖か、ものすごい低血糖だ。やはり血糖値と感情は繋がっている。体が戦闘態勢に入るが故にイライラモードに切り替わってしまうのか。

そう考えるとあれだ。血糖値を正しく管理することが、我ら一型糖尿病人の心の安定を保つ一番の鍵かもしれない。精神を鍛えるよりも血糖を管理する。これが正しい大人の振る舞いに向けての第一歩か。

なるべく血糖値を上昇させない。そして急激に下降させないこと。ここの安定を保つ為に心がけることはこれだ。思考力や集中力の低下、眠気、イライラや不安感は、基本的に血糖値に起因すると思っている。

こんな状態でまとまな生活を送ることは出来ませんよね。
思考力がなくキレやすく、そしていつも眠い大人。こんな奴やばいでしょ。こわっ。

あわせて読みたい