悩むと考える その違いについて

「悩む」と「考える」一見似たような意味合いをもつ言葉だが、その本質は真逆だ。

以前勤めていた会社で、「悩むこと」と、「考えること」の違いについて理解していない人が非常に多かった。人は考えることに慣れていないと、すぐに悩み、その場で停滞しようとしてしまうのだ。結果、物事が先に進まない為、チームがうまく回らない。

悩むのが得意な人がチームに一人でもいると、そのチームは大きく損をする。
そういう人を見る度に、考える習慣を身に付ければ、きっともっと活躍できる人なのにといつも思っていた。

今回は「悩む」「考える」の違いについて 文字通り考えてみます。

悩むとは?どういうことなのか。

まず、悩むとはどういう状況なのかを説明する。
端的に説明すると、「悩む行為」とは、物事を解決に導こうとせずに、ひとり悶々と時間を浪費することだ。仮設が描けないことで、思考が停滞している状態なのだ。

また、悩むこと=解決できないことだ。
例えば、過去のことや他人のこと、分からないことにとらわれている状態のことだ。

悩んでいる状態の時は、ある意味以下のようなうつ病の精神状態に似ているという。

・気分が沈む
・意欲がなくなる
・悲観的になる
・集中力がなくなる

悩むとは、それくらい精神にとって良くない状態だとわかってほしい。また、これが周りに・チーム全体に伝染すると思うと恐ろしいことではないだろうか。

悩むとは?賢人の言葉

悩むことの不毛さについて、賢人たちも以下のように語っている。

「悩む」とは、物事を複雑にしていく行為だ。ああでもない、こうで
もないと、ひとり悶々とする。わざわざ問題をややこしくし、袋小路に入り込
む。ずるずると時間を引き延ばし、結論を先送りする。それが「悩む」という
行為だ。

堀江貴文氏『ゼロ――なにもない自分に小さなイチをたしていく』ダイヤモ
ンド社 P160~P162


なんの目的もなく、そのことを考えることで、ネガティブな気持ちになったり、過去を後悔するだけで、建設的とは言えない行動を、「悩む」ということ

「考えること」と「悩むこと」の違い 《代官山・恵比寿の整体院 菊地屋》 – 【恵比寿・代官山の整体】あらゆる婦人病を専門的にケア・口コミ多数・菊地屋

考えるとは?どういうことか。

次に、考えることとはどういうことなのか。
考えるとは、なんらかの仮説をもって、その検証に向けて行動している状態だといわれている。

考える=解決しようとすること。
未来のことや自分のこと、わかっていることに目を向けている状態だ。

考えるとは、絡み合った物事をシンプルしていく行為であり、物事の本質を見抜くことにも繋がるのだ。悩むとはその逆の行為で、物事を複雑にしていき、本質が見えなくなっていくことに繋がるのだ。

考えるとは?賢人の言葉

考える」ケースでは、最初に問題をできる限り明確にする。そのうえで必要な情報を収集し、整理するといった具合に、手順を踏んで解決策を導き出す

記者の眼 – 「悩む」のではなく「考える」ための処方箋:ITpro

何かの問題を解決しようとしたり、より良く生きるためにはどうすればいいのか?など、なんらかのゴールに向かって、建設的に物事を見極めていくことが「考える」ということ

「考えること」と「悩むこと」の違い 《代官山・恵比寿の整体院 菊地屋》 – 【恵比寿・代官山の整体】あらゆる婦人病を専門的にケア・口コミ多数・菊地屋

「悩む」、「考える」の違い

「悩む」と「考える」の違いをまとめてみた。
以下のように大きく5つの違いがある。

悩む考える
仮説が立てられない仮説を立てられる
過去のことを思う未来のことを思う
主語が他人主語が自分
わからないことにとらわれるわかることに集中する
立ち止まっている前に進んでいる

悩む→考えるに切り替えるには

悩んでいる状態から、考える状態に切り替えるには一体どうしたらよいのか。

それは、悩むと考えるの違いを知ることから始め、「考える」手順を一から踏んでいけばよいのだ。ただそれだけでよいのだ。

順番はこうだ。

まずは仮説をたててみる

次にこれから先の未来のことに目を向ける

主語は必ず自分にする。他人のことは考えない。

わかることに集中する(行動する・調べてわかるものは調べる)

結果、とにかく物事が前に進む


以上
これが考えるマインドだ。

仮説が立てられない時は、過去の事例を調べる・まずは何かやってみる・相談する・調べる。すなわち行動することが大事だ。

仮説が間違っていたらどうする?
そんなことは関係ない。あくまで仮説だ。仮説なんて塗り替えていけばよいのだ。つまり何度でも仮説と検証を繰り返すのだ。完璧を求めてそこから動かないことこそ思考停止の始まりだ。

悩んでばかりで足止めしていてはダメだ。それではチームも自分も停滞してしまう。悩まずに考える、現状より一歩でも前に物事を進めることが大切なのだ。

考えるマインドを持って仕事をするのはきっと楽しいはずだと思います。