上京したならば、とりあえず荻窪住んでいれば間違いないと思う


地方出身者がまず困るのが、上京したいがどこに住んだらいいのか分からないことです。自分も鹿児島から上京しているので、最初はどこに住んだらいいのかわかりませんでした。そして、よっぽど住みたい地域や路線がない限り、荻窪は相当お勧めできます。

実際に住んでみて、良いなぁと思ったこと。5つとりあえず上げてみる。

 

交通のアクセスが驚異的にいい。

まず、荻窪はJR中央線の吉祥と中野のちょうど真ん中くらいに位置します。
そして両隣の駅は、西荻窪と阿佐ヶ谷になります。

 

この荻窪ですが、なんと東京メトロ丸ノ内線・東西線、JR中央線・総武線の4つの駅が利用可能です。
4つの路線が通っていることの何がいいかって、当たり前だけど、たくさんの方向に乗り換えなしで向かうことができるんです。
乗り換え無しでいろいろなところへ行けることが、東京ではとても優遇されます。

中央線では、高尾~東京
総武線では、三鷹~千葉
丸の内線では、荻窪~銀座~池袋
東西線では、荻窪~神楽坂~西船橋

こんな感じ。

しかも荻窪から新宿駅まではJR中央線で約10分でつきます。土日ならもっと早いです。
そして荻窪から東京駅までは、中央線で約24分!

さらに中央線に関しては、終電の時間が遅く、新宿からだと25:01まで大丈夫です。
終電乗ることなんて滅多にないと思うかもしれませんが、終電時間が余裕があると、心に余裕が生まれる。

さらに、関東バスや西武バスも充実しているので、どこへ行くにも大変便利です。

 

商店街が多く、街に活気がある。

教会通り、すずらん通り、ことぶき通り、仲通り、etc…
とにかく商店街が異常に多いんです。特に教会通りは道幅が狭いですが、人情味があって歩いているだけでほっこりします。

教会通りのホームページ

それぞれの商店街がそれぞれの形でイベントをやっているので、街に活気があります。商店街が多いと、そこに住む人達通しのつながりが強化される為か治安も良いです。その為か、女性の一人暮らしや、子供連れの家族もたくさん住んでいます。

仲通りのホームページ

こういう謎のキャラクターもいます。

 

夜でも街が明るい。

夜歩いてみると分かるのですが、他の地域と比べて街灯が多いため、
夜の一人歩きでも不安を感じないほど、街が明るいのです。

駅前には24時間営業しているお店も多い為か、自分は夜一人で帰ってきても自宅まで明るいままで到着することが出来ます。
ちなみによく通る仲通り商店街では、一定の間隔でスピーカーが取り付けてあり、そこから音楽が流れてきます。
アイルランド系の音楽から、クラシックまで様々ですが、以前テレビで「魔女の宅急便」を放送した翌日には、ルージュの伝言が流れていましたw。
こういう選曲って誰がやってるんだろ。遊び心があってほっこりしました。

 

何かに特化していない。

全体的に棘がなく平凡というイメージでしょうか。
近くの西荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺と比べて、何かに特化した特長的はお店や文化は何もないです。高円寺のように路上パフォーマーもいないし、役者やバンドマンも比較的少ない。七夕祭りや阿波踊りもない。西荻のように特徴的な飲み屋地帯は存在しない。酔っ払いの文化もあまりない。

でも、ルミネ荻窪、タウンセブン、24時間営業の西友、ドン・キホーテなど、どこにでもあるような商業施設が集結しているので、ただ暮らすにはとても便利なんです。安心して暮らすのに街の特徴とかいらないのです。駅の大きさも、人の数も、都心への近さも、何もかもが丁度いいのです。

娯楽もまぁまぁそろっている。

バッティングセンター、ボーリング場、ボルタリング、卓球場等、ライブハウス、何気に遊べるところもたくさんあります。
高円寺や西荻のようなディープなスポットはないですが、一般的な普通の娯楽には困りません。かなり大きい善福寺公園という所もあって、緑も豊富で、ジョギングしている人もよく見かけます。

近所のお気に入りスポット

以上、5つ

8年住んでみて感じたことは、こんな感じ。というわけで、荻窪おすすめ。

スポンサーリンク

あわせて読みたい