今生きているのであれば、自分に決断力がないと思うのは嘘だ。

「優柔不断で決断力がないんです」
「あなたは決断力が欠けていると思います」
「決断力を身に付けてください」

などなど。社会では決断力とはとても大事なスキルのように語られる。

確かにあるポジションまであがると、重要な決断を下さないといけない機会が多くなることは確かだ。その度に、自分の決断力を試され、そして落ち込む。

だが、本当に決断力がない人間がいるのだろうか?
最近はそんな風に思っている。

“今生きているのであれば、自分に決断力がないと思うのは嘘だ。” の続きを読む

職場へのお土産は必要?いらない?

なんともスケールの小さいタイトルだな。と思わないでほしい。

実は職場の人間関係構築において、これはとても重要なことなのだ。ビジネスマナーでもなんでもないんだが、コミュニケーションにおいてとても大切なことなので記しておく。

戦国武将織田信長は、贈り物の達人と言われていたそうだ。上杉謙信、武田信玄、お寧等々、相手が喜びそうなものを熟考して、贈り物を送る。戦国時代においても、贈り物というのは、政治に十分利用されてきたのだ。

考えてほしい。相手が真剣に選んでくれた物を貰っておいて、その人のことが嫌いになる人なんていないでしょう?

お土産を買ってくるといったちょっとした気遣いで、その後の仕事がやりやすくなるならちょっと考えてみても良いのではないか。

現代、お土産を買わない人が多いのはなぜ

ある民間企業の調査によると、帰省するたびに職場へのお土産を欠かさない人は、4割近くに上るという。ということは、6割近くの人はお土産を買っていないことになる。

私からすると、お土産を買わない人ってそんなに多いのかとびっくりする割合だ。
理由は、「旅行の帰りにかさばるから」、「特にお世話になっていないから」、「毎回必要ないと思うから」、「何を買ったらよいかわからない」とまぁ様々あるようだ。

なぜお土産を買ってこないのか不思議でしょうがない。

お土産は、職場に絶対に買ってくる必要があると断言出来る。配属されたばかりで、職場にまだ馴染めていなかったり、苦手な人がいる場合は尚更だ。

なぜ職場にお土産を買っていくべきなのか。

お土産の効果は、職場のコミュニケーションを円滑にしてくれること!この一点に尽きる。

今までの経験上、職場にお土産を買っていくことで、必ずその職場のコミュニケーションがうまくいく。苦手な人と話をするチャンスだったりするし、お土産や地元の話をネタに少し会話がはずめばそれだけで大儲けだ。

また、お土産を買ってくることで、休暇を取って周りにフォローを頼んだことに対してのお礼だって出来る。

もちろん、義務でも強制でもないので、買っていかなくてもいいのだが、職場におけるコミュニケーションツールの一つとして、お土産ほど有効なものはないと思っている。普通に正確していたら、職場で普段から人に物を贈る習慣なんてないはずだ。職場で物を贈るチャンスは、基本お土産以外ないのだ。

お土産は何を買えば良いのか?

お菓子だ。少し雑だが、お菓子ならばなんでも良い。
あなたが少し想像力がある大人ならばわかるだろう。お土産に生もの持ってこられても迷惑なだけだ。高価過ぎないお菓子が無難だ。しかも手が汚れないものが好ましいので、個包装されているものがベストだ。



でも、正直言うとお土産なんてなんでも良い。

手ぬぐいでもいいい、脂取り紙でもいい。箸置きでもいいし、ポストカードだっていい。喜んでくれそうだな、ウケそうだな、話のネタになるな、と思えばなんだっていいのだ。お土産なんてのはそういうものだ。

そのくらい気楽に選べば良い。

そして、本当にお世話になっている人や仲の良い人には、個別にこっそり渡せば良いいのだ。あくまでこっそりと周りにバレずにやることがポイントだ。

まとめ

これは、単純に職場にお土産を買っていく必要があるか、不要かの話ではない。
職場におけるコミュニケーションや人間関係が良くなるかどうかを基準した話だ。

それを基準に考えた結果、お土産を買ってこないという選択肢はあり得ないと思っている。別に媚び売るわけでもないし、見返りを求めるわけでもない。ただただ、今後自分が働きやすくなるかどうかにフォーカスしているだけだ。あくまでも自分目線。

旅行でも、帰省でもいい。お土産を買ってこれる場面に出くわしたら、迷わずがばっとお土産を買ってしまえ。

ポジティブストローク 人付き合いについて重要なこと

この人と一緒にいると気分がいいな。
この人と一緒にいると元気になるな。
この人の誘いだったら行ってみようかな。
この人の為なら手伝ってあげたいな。

この人というのは、普段から肯定的な言葉を周りに発信している人ではないだろうか。人間の欲求の一つに「承認欲求」がある。自分の存在を他者に認めてもらいたいという欲求のことである。

人間とは、この承認欲求を満たしてくれる人と一緒にいたいと思う生き物なのだ。

周りを見渡してみると、心当たりがあるはずだ。承認欲求を満たしてくれる人の周りには多くの人が集まっているはずだ。そして、そういう人間は必ずリーダー的なポジションに就いているはずだ。

本日は、相手を認める様々な言動「ポジティブストローク」について考えてみる。

“ポジティブストローク 人付き合いについて重要なこと” の続きを読む

人間関係うまくいかない?キーワードは親近感

新しい職場、新しい部署、新しいチーム。職種にもよるが、一般的に普通に仕事をしていれば、新たな人間関係の中に突然放り込まれることは少なくない。

そんな時、すぐに良好な人間関係を構築できる人もいれば、なかなかその場に馴染めない人もいる。新しい環境に馴染めない結果、転職を繰り返すというパターンに陥る人もいるくらいだ。

新しい環境にすぐに馴染める人、馴染めない人、この両者の違いは一体なんなのだろうか。何度も新しい環境に飛び込んでいった経験から、一つのキーワードを見つけた。

それは、「親近感」だ。

これが、人間関係を良好に構築する為のキーワードだ。

親近感とは

親近感が沸く
親近感を抱く
親近感を覚える

などなど、親近感という言葉には様々な使い方がある。そして、全てにおいて肯定的な意味を持っている。

親近感とは、似たような状況、似たような境遇を感じる人に抱く親しみの気持ちのことだ。生活環境が同じであったり、出身地が同じであったり、同じ趣味を持っていたりすることだ。仕事上でも同じだ。同じような仕事の経験を持つ人や、同じ思いを持っている人。また、同じ敵がいるときもそうだ。

この親近感という感情を、自分の周囲の人間に感じさせることが出来れば、人間関係は間違いなく良い方向に進む。

そして、親近感を感じさせる人というのは、必ず以下3つの特徴がある。

“人間関係うまくいかない?キーワードは親近感” の続きを読む

SUNAO 低糖質お菓子おすすめ

先日、糖質制限の味方SUNAOブランドから、 「なめらかプリン」がは発売された。かなり話題になったので、知っている人は多いのではないか。

さっそく買って食べてみたが、これは、本当に想像を超えるうまさだった。
SUNAOと言えば、低糖質お菓子の中でもアイスが有名であるが、プリンもクッキーもすべて美味しい。全くハズレがないのだ。このブランドは間違いない。

最近では、様々なメーカーが低糖質のお菓子を開発しているが、やはりSUNAOブランドが一歩先を進んでいる印象がある。
まず、他のメーカーとは安心感が違う。SUNAOはちゃんと美味しくて、ちゃんと糖質が低いのだ。

今回は、SUNAOシリーズに絞ってのおすすめお菓子を紹介する。

私は、低糖質お菓子を選ぶ際、糖質10g以下であることを基準にしている。それよりも高いものは基本選択しないので、紹介する商品はすべて糖質は10g以下だ。

今回は、SUNAOシリーズに絞ってのおすすめお菓子を紹介する。

私は、低糖質お菓子を選ぶ際、糖質10g以下であることを基準にしている。それよりも高いものは基本選択しないので、紹介する商品はすべて糖質は10g以下だ。

⇓こちらもおすすめです⇓

“SUNAO 低糖質お菓子おすすめ” の続きを読む

糖質制限 おすすめ飲料水 3つ

糖質制限を始めて、比較的最初に困ることは、コンビニやスーパーで水とお茶以外飲料水の選択肢がないことだ。

ここ最近は、カロリー0の飲料水も多く販売されているが、以前は本当に少なかった。それに、決しておいしいものばかりではなかった。
全くおすすめ出来ない商品も多数あった。

今回は、糖質オフのおすすめ飲料水を3つ紹介する。

経験上、本当においしかったものと、比較的手に入りやすいものをチョイスしている。3つしか紹介しないのは、3つ以上本当に紹介したい商品がないからです。

それでは紹介します。

“糖質制限 おすすめ飲料水 3つ” の続きを読む

雑談力をアップさせる たった3つのこと

取引自体はうまくいっています。仕事内容にも問題はないと思っています。でも、相手担当者との会話が続かなくて、うまくコミュニケーショとれないことがが悩みです。このままだと取引が打ち切りになりそうで不安です。


よく聞く相談内容の一つだ。


まず、営業にとって本当に仕事が出来る人ってどういう人なのか。
それは、仕事のスキルが高い人のことではない。

この人の為に一緒に何かをしたいと思わせてしまうスキルがある人だ。その為には、パソコンのスキルや、仕事の正確性だけをただただ磨いていてはダメだ。

まずは、人としての魅力を高めなければならない。

営業は、仕事半分、人半分 という言葉がある。まさにその通り。仕事のスキルも人間としての面白みも、両方身に付けなければならないのだ。そのくらい営業とは大変な仕事であるということを認識してほしい。営業に必須なスキルの一つ、それは人間としての魅力だ。

そして、人として魅力的な人は、絶対的に雑談力が高い。

今日のテーマは「雑談力」。
雑談力にまさる営業力はないといわれるほど、雑談力のスキルは重宝される。そんな雑談力を身に付ける方法についてまとめてみた。要はたった3つのことを意識すればいいだけだ。

“雑談力をアップさせる たった3つのこと” の続きを読む

一型糖尿病 入院の記録 後半

入院生活前半のお話はこちらです

入院生活 前半の続き。一型糖尿病で入院してからの退院までのことだ。具体的に何があったのかだけではなく、何を考えて過ごしていたのかも併せて書いている。

入院4日目

自分でインスリンを打つことや、血糖値を測定することに慣れてきた。精神的にも余裕が出てきたので、病院の外を散歩したりもした。お風呂も入っていいとの許可もおりた。

血糖値もこの日を境にストンと下がった。ずっと200以上あった血糖値が100以下になった。最高にうれしかった。やっと下がった(治った)と思った。もう退院出来るんじゃないかと期待してしまった。

血糖値が急に下がった理由は自分でもよくわからないが、先生曰く、ずっと微熱が続いていたのが、平熱に戻ったことが原因らしい。
後で知ることになるが、これがシックデーというやつだったらしい。

病院生活も少しずつ楽しくなってきた。
そして、なにより一日三回の病院の食事がおいしかった。
同部屋のグルメ達は、病院の食事はおいしくないとブーブー言っているが、私にとってはそんなことはなかった。朝の牛乳を除けは全部おいしかった。

そもそも、上京してからは、ちゃんと一日三回食事をしたことがなかった気がする。実際、食事や栄養に関してはあまり興味がなかった。
入院中体重が増えたのは、しっかり栄養が摂取出来たからなんだろうと思う。

インスリンを打つのは嫌だったが、食事は毎回待ち遠しかった。

朝は早く起き、夜は早く寝る。20時過ぎに寝て、6時には起きる生活だ。

仕事はしていないが、規則正しい生活がどういうことなのかを教育されているような気持ちだった。

入院5日 一時帰宅

この日は、突如一時帰宅の許可がおりた。
インスリン注射での自己治療を覚え、血糖値や体調も安定してきた為、一回帰宅していいよとのことだった。

やはり我が家はうれしかった。当時は狭い家だったが、とにかく気持ちが楽だ。なんとなく一般社会に戻ってきた気がした。

そして久しぶりにお風呂にも浸かった。
病院ではずっとシャワーしか使えなかったからだ。

そして、その日はインターネットにかじりついて、様々なワード検索した。

「一型糖尿病 完治」
「糖尿病 治る」
「膵臓 移植」

だが、自分が期待するサイトは出てこなかった。もともとあまり期待はしていなかったがやはり落ち込んだ。たまに出てくる怪しいサイト(一型糖尿病完治できます!)系は全く信憑性がなく、むしろ腹がたった。

やはり現時点では、治療法がインスリンしかないようだった。移植するにしてもリスクが高いことも十分知ることができた。

一生インスリンを使って生活していくことを、改めて覚悟したのはこの時だ。

自分で調べて、納得して、ようやく本当の意味で前を向くことが出来たと思う。そこからは、たくさんの本を買い、有益な情報はすべて取り入れるようにした。

その中の一つが、今も続けている糖質制限だ。

入院6日目

一時帰宅していたが、もう一度病院に戻って、入院生活6日目がスタートした。

この日は朝から検査だった。
体に何か異常が起きていないか、徹底的に再度検査をしてもらった。

あいにく合併症で痛んでいるところはなく、検査は無事に通過できた。あとは退院日を決めて、退院の手続きをすることになった。


迷ったが、退院日は翌日に決めた。

もう病院にいてもやることはないと判断したからだ。
今回の入院は、検査だけでなく、教育も兼ねていた。短期間だが十分学んだと思う。卒業だ。

同じ部屋の方に、明日でお別れすることを告げて、今度お見舞いに来ますなんて冗談を言ったら喜んでいた。でも内心、どの面でお見舞いに行けばいいのかわからなかった。結局お見舞いには行かなかった。というか行けなかった。

入院中は毎日友達が遊びにきてくれた。嫁も毎日来てくれた。
人生の中で、自分が糖尿病で入院することがあるなんて思ってもみなかったが、いろいろ考えるきっかけになったし、体の為に必要だったんだと思うことにした。

入院していなかったら早死にしていただろう。そう思うことに決めた。意外にポジティブな自分に気が付いたが、無理やりにでもポジティブにならなきゃやってられなかったんだと思う。

退院当日

諸々の退院手続きを済ませ、入院生活が終わった。
仕事を休んでいる間はすべて有給を使えたことと、共済でお金がもらえたことが大きかった。金銭面での負担はそれほどではなかった。精神的には人生で一番落ち込んだが。

それから二日ほど家でゆっくりして、退院後三日目から職場復帰した。

同僚や上司は、びっくりしていたが、少し健康的な顔つきになった私を見て、安心してくれていたようだ。それほど入院前の人相はやばかったらしい。

仕事中に眠くなることはなくなり、今までの分を取り返すべくガンガン働いた。でも体は全くつらくなかった。これが健康かと思った。

退院から現在まで

今のところ合併症は起こしていない。

感染症・腎臓障害・網膜剥離・性不能・壊疽・自律神経失調・栄養失調 などなど、糖尿病から引き起こされる合併症は数多く存在する。とても恐ろしい病気だ。

今は治療法があるが、昔は不治の病として、糖尿病=死 として恐れられていた。インスリン治療が見つかったことに感謝しつつ、合併症を起こさないよう、今も日々健康的に暮らすよう心掛けている。

もう入院したくない。

何よりも健康が大事だ。

入院以降、ずっとそう思っている。

仕事におけるマインドフルネスの効果

マインドフルネスとは何か

マインドフルネス。巷でよく聞く言葉だ。この手の言葉は世の中にたくさんあふれているのが、なかなか端的に説明出来る人は少ない。だが、これは仕事においてとても重要なことなので、ここに記しておこうと思う。

まずは、大まかな説明がwikipediaに記載されていたので、引用する。

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる。マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある

wikipedia

簡単に説明すると、余計なことは考えずに、今やっていることだけに集中することだ。これをマインドフルネスと呼ぶらしい。

常に安定した心理状態を作り出すことを目的とし、このマインドフルネスの考え方を取り入れている企業は多いという。
ただ、実際はどうだ。忙しさに追われ、お昼休憩の間も常に仕事のことを考え、PCにかじりつく。そんな日常ばかりではなかったか。少なくとも私はそうだった。

瞑想やヨガの効果なんてまやかしだと思っていた。

でも、今は違う。体を壊して、自分と向き合ってから、考え方が180度変わった。

マインドフルネスは仕事、人生においてとても大切なことだと思っている。

マインドフルネスの効果とは

人は、同時にやることが増えれば増えれるほど、どんどん効率が悪くなってくる生き物だ。もちろん機嫌も悪くなる。やならなければいけないことが多すぎると、衰弱し、集中力が散漫になるのだ。その為、普段の半分ほどのパフォーマンスしか発揮できなくなるのだ。

集中力が低下してくると、思考が、過去や未来に飛び、心ここにあらずの状態に陥る。何にもフォーカスできず、大海原の中で漂流しているような状態だ。どこにもたどり着けない。
そんな状態では、大量の仕事を捌くことなど到底できないことにまず気が付くことが大切だ。

マインドフルネスとは、今この瞬間に目を向けること。現実に向き合うことだ。一体どのような効果があるのか。実体験からすると、基本的には以下の4つの効果が期待できると思っている。

・集中力が高まる。
・物事を見る視野が広がる。全体を俯瞰して見ることが出来る。
・判断力が増加し、物事の本質をとらえやすくなる。
・より創造的になれる。


どうだろうか。これは実際すべての仕事において大切なことではないか。
マインドフルネスに少しは興味をもってもらえそうか。

“仕事におけるマインドフルネスの効果” の続きを読む

一型糖尿病 入院の記録 前半

2011年の震災の年、一型糖尿病と診断され、入院することになった。
その時の記録を残しておくことは、今後同じように入院される方の為なるのかと思った。こんな日記が誰かの役にたてば幸いです。

発症~入院まで

当時29歳。会社員として、9時から18時まで普通に働いていた。

今まで健康診断等でひっかかったこともなく、太っていたわけでもない。逆にめちゃくちゃ痩せているタイプだ。体の状態はいたって健康だ。

と思っていた。

入院する一か月ほど前からか、少しずつ体の様子がおかしくなっていた。

朝起きた時から異常に眠たい。休日もぐったり疲れている。
仕事中全くやる気が起きない。さらに仕事中に居眠りまでしてしまう。
お昼休憩時に寝ないと、最後まで体力が持たない。
夜中にやたらトイレに行きたくなる。
のどが異常に渇く。

こんな症状がずっと続いていた。

ある日、一度調べてもらおうと思い、近所の病院で血液検査を行ったところ、血糖値248、Ha1c 12.0という数字が出た。

病院の先生もあわてている。とにかく水をたくさん飲んでくださいと指導される。
すぐに大きい病院に移動して、検査入院の手続きをとることになった。

わかるだろうか。この時の気持ち。淡々と綴っているが、パニック状態だったのを覚えている。

会社に事情を話し、入院することを伝え、そこから入院の手続き手続きへ進む。

“一型糖尿病 入院の記録 前半” の続きを読む